広いお墓

方法について

海外の教会

世界各国の変わった埋葬方法

日本国内では、海や川に故人を沈める水葬は、一定の条件下以外では違法とされていますが、インドでは一般的な方法として行われています。 その他にも私たち日本人には考えられない埋葬方法があり、現在では禁止されていますが、オーストラリアの先住民族であるアボリジニの習慣として、故人を食べる習慣があり、亡くなった人間を自身にとりこむという意味があり、数十年前まで当たり前に行われていました。 またチベットでは鳥に故人を食べさせ遺体の処理を済ませる方法があり、考えられない残酷な方法が用いられていますが、そのどれもが伝統や風習に基づき、故人の死を悼み行われているものである事を理解することが必要です。

全国各地の葬儀の風習

日本国内の葬儀でも各地で変わった風習があります。例え東北地方に多い習慣ですが、三途の川の川渡しにお金が必要と考えられ、焼香の時に小銭を供えたり、お金を棺に入れたりということが行われており、その他にも故人が家に帰ってこないように棺をぐるぐる回して方向を解らなくする習慣など、様々な葬儀の習慣が全国各地に存在します。よく知られるものとして、霊柩車が行きと帰りは違う道を通り、故人が家に帰ってこないようにするというのは全国の広い地域で習慣とされています。 現在では、葬儀と法要をまとめてしまったり、旧式の葬儀を胆略化するなど葬儀の簡素化が目立っており、葬儀にかける費用も年々少ないものとなっています。時代の流れに伴ない、こういった各地の習慣も廃れてきていますが、伝統をなくさないという意味でも葬儀の在り方について考える必要がありそうです。

Menu